日記一覧 | 守谷市、取手市、つくばみらい市周辺の不動産をお探しなら株式会社東横ハウジングにお任せ下さい。

株式会社東横ハウジング

営業時間9:00~18:00(臨時休業等は、お知らせをご覧ください)定休日水曜日

日記

DIARY

環境的瑕疵について

ポイントは日常生活に支障があるかどうか

暴力団事務所・・同じ建物内にあるが外観では分からない場合には瑕疵ではない(売買東京地裁H14・8・27)別の場所だが近くで暴力団の事務所だと明らかな場合には瑕疵(売買判例時報1605号71頁)

騒音・・注意しても繰り返される、他の入居者からクレームが複数、生活に支障をきたすレベルは瑕疵(賃貸判例時報1898号64頁)

日照眺望・・借主が現地確認すれば当然気づく事柄の場合には瑕疵ではない(売買判例時報1643号170頁)

清掃工場、計画道路、自動車工場等音の出る事業所は、環境的瑕疵にあたる可能性あり

 

 

投稿日:2021/11/08   投稿者:奥主 歩

お客様へ答える為に調べた内容なので、面白いブログではありません。賃貸経営や物件を借りるときの参考にして下さい。ちなみに国土交通省では瑕疵物件のガイドライン作成中です。https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001327349.pdf

「心理的瑕疵」・・事件、事故、通常嫌悪する心理的欠陥がある

「環境的瑕疵」・・暴力団事務所、騒音、悪臭、物件自体ではなく周辺の欠陥

今回は心理的瑕疵について

「死体の状況」・・自死、事件は当然。自然死は除くが、腐乱化していた場合は含まれる。

「場所」・・部屋自体は当然。隣室でも瑕疵にあたる場合があり。(売買事例判例時報1971号130頁)

「時間の経過」・・特に定めなし。6年前の自死も含まれる。(売買事例判例時報1352号126頁)業界では2人目の入居者からは告知しなくてもよいとされている。

※知らずに入居した場合※

契約の目的が達せられないと認められれば、契約の解除が可能。貸主の責任は無過失法定責任なので、「前オーナーの時だから知らなかった」は通用しない。損害賠償は信頼利益のみなので、契約金返金と実費程度。精神的苦痛が認められたこともあり(賃貸判例時報2245号22頁)

※他の部屋からの賃料減額請求※

法的には減額義務なし

※遺族に修繕費を請求できるか※

連帯保証人は当然可能。遺族は相続するのであれば可能、相続放棄された場合には請求できない。請求可能金額は、①原状回復費②原状回復が終わるまでの賃料③本来の賃料からの減額分×5年分程度

入居時に保証会社の保証契約を結んでいる場合には、補償が出る場合あり。

投稿日:2021/11/07   投稿者:奥主 歩

今年の守谷は動きが少ない。特に退去。

退去立会いの時間調整が大変な時期ですが、今年はすんなり来ています。だから募集物件数も例年の半分ぐらい。お探しのお客様にとっては選択肢が少なく困った事ですが、オーナー側からすると安定した賃貸経営ができるうれしい事です。


投稿日:2021/03/01   投稿者:奥主 歩

利用しているホームページサービスに日記機能があるので、使っています。

日記、ブログ、Facebook、Twitter、ポータルサイト、さらに社長個人のものや、パーソナルトレーニングスタジオ、居酒屋のもの、多岐にわたり混乱してきます。

何か上手な管理方法はないですかね。ちなみにInstagramはやっていません。写真センスがないので。

 

投稿日:2021/02/28   投稿者:-